問題32 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題32 不動産の価格の特徴

自然公園法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

国定公園の指定は関係都道府県の○○により、環境大臣が指定するが、都道府県立自然公園の指定は環境大臣の同意を得て、都道府県知事が指定をする。
国立公園の特別地域(特別保護地区を除く。)内において、一定の場合を除き、木竹を伐採する場合には環境大臣の許可を受けなければならないが、木竹を植栽する場合には環境大臣への届出をすればよい。
環境大臣は国立公園について、都道府県知事は国定公園について、特に必要があるときは、特別地域内に特別保護地区又は利用調整地区を指定することができる。
国立公園の公園事業について、公共団体がその一部を執行することはできるが、公共団体以外の者が執行することはできない。
国定公園の普通地域内における一定の基準を超える規模の工作物の新築は、都道府県知事に届出が必要であるが、その届出は行為に着手した日から起算して30日を経過するまでに行えばよい。

<選択肢>

(1) 誤っているものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) 4つ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題31へ問題33へ