問題14 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題14 不動産の価格の特徴

都市再開発法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

市街地再開発組合が施行する第一種市街地再開発事業に関係のある土地若しくはその土地に定着する物件について権利を有する者又は参加組合員は、縦覧に供された事業計画(都市計画において定められた事項を除く。)について意見があるときは、縦覧期間満了の日の翌日から起算して2週間を経過する日までに、都道府県知事に意見書を提出することができる。
市街地再開発審査会の委員は、土地及び建物の権利関係又は評価について特別の知識経験を有し、かつ、公正な判断をすることができる者しかなることができない。
第二種市街地再開発事業の施行地区内の土地は、権利変換期日において、権利変換計画の定めるところに従い、新たに所有者となるべき者に帰属する。
権利変換手続開始の登記があった後、当該登記に係る宅地の所有権を有する者が、当該宅地の所有権を処分するには、施行者の承認を得なければならない。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題13へ問題15へ