問題12 不動産の価格の特徴

2008年>>

問題12 不動産の価格の特徴

土地区画整理事業に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

土地区画整理組合が、市町村長に対し、賦課金の徴収を申請した場合、市町村長は地方税の湘納処分の例により滞納処分することとされている。
土地区画整理事業に関する都市計画について、施行区域の面積が50ヘクタールを超えないものについては、市町村が定めることとされている。
1人で施行する土地区画整理事業において、相続により一般承継人が2人いる場合は、数人共同して施行する土地区画整理事業として、規約を定め、その規約について、都道府県知事(指定都市においては指定都市の市長、中核市においては中核市の市長、特例市においては特例市の市長)の認可を受けなければならない。
換地処分の公告があった場合においては、換地計画において定められた換地は、その公告があった日の翌日から従前の宅地とみなされる。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題11へ問題13へ