問題40 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題40 不動産の価格の特徴

相続税及び贈与税に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

日本国籍を有しない個人が、日本国内に住所を有する個人から国外にある財産を贈与により取得した場合において、当該財産を取得した時に日本国内に住所を有しないときは、当該財産について贈与税は課税されない。
被相続人に配偶者及び実子2人(うち1人は相続を放棄している。)がいた場合において、被相続人が保険料の全額を支払っていた生命保険金を配偶者が受け取ったときは、その保険金のうち1,500万円までの部分に限り相続税の課税価格に算入されない。
既に相続時精算課税を選択した者が特定贈与者から贈与を受けた場合において、その年に贈与を受けた財産の価額が2,500万円から前年までに控除した相続時精算課税の特別控除額を差し引いた残額を超えないときは、贈与税の申告をする必要はない。
贈与税の延納は、納付すべき贈与税額が10万円を超え、金銭で一時に納付することが困難である場合において、必要とされる担保を提供し、期限内申告書を提供したときに限り選択することができる。
相続税の納付に当たり延納を選択した者が、その後の資力の変化により、延納条件の変更を行ったとしても延納を継続することが困難となった場合には、延納期間中であればいつでも、延納に代えて物納を選択することができる。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) 4つ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題39へ2007年一覧へ