問題16 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題16 不動産の価格の特徴

都市再開発法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

第一種市街地再開発事業の施行の認可等の公告があった後、施行者は土地調書及び物件調書を作成しなければならない。この場合において、土地調書又は物件調書の記載について関係権利者のすべてに異議がないときは、当該調書作成時の立会いを省略することができる。
市街地再開発組合が第一種市街地再開発事業を施行する場合、地上権設定型(原則型)の権利変換計画において、審査委員の過半数の同意を得て定めた基準に照らし、床面積が著しく小である施設建築物の一部が与えられることとなる者に対しては、施設建築物の一部等が与えられないよう定めることができる。
地上権設定型(原則型)の権利変換計画においては、施行者は、権利変換を希望しない旨の申出をした者を除き、施行地区内に借地権を有する者、施行地区内の土地に権原に基づき建築物を所有する者及び施行地区内の建築物について借家権の設定を受けた者に対して、施設建築物の一部等が与えられるように定めなければならない。
施行地区内の土地は、権利変換期日において、権利変換計画の定めるところに従い、新たに所有者となるべき者に帰属する。この場合において、従前の土地を目的とする所有権以外の権利は、都市再開発法に特段の定めのあるものを除き、消滅する。

<選択肢>

(1) 正しいものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) すべて正しい

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題15へ問題17へ