問題4 不動産の価格の特徴

2007年>>

問題4 不動産の価格の特徴

地価公示法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

土地鑑定委員会は、地価公示の対象区域(以下この問において「公示区域」という。)内の標準地について、毎年2回、単位面積当たりの正常な価格を判定し、これを公示するものとする。
土地鑑定委員会が標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定し、これを公示する際、標準地及びその周辺の土地の利用の現況についても官報で公示しなければならない。
土地鑑定委員会は、地価公示法及び不動産の鑑定評価に関する法律に基づく権限を行うために国土交通省に置かれた組織である。
公示区域内の土地においては、収用する土地に対する補償金の額は、土地収用法における権利取得採決の時における公示価格を規準として算定した当該土地の価格を考慮しなければならない。
都市及びその周辺の地域等において、土地の取引を行う者は、取引の対象土地に類似する利用価値を有すると認められる標準地の公示価格を指標として取引を行うよう努めなければならない。

<選択肢>

(1) 誤っているものはない
(2) 1つ
(3) 2つ
(4) 3つ
(5) 4つ

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題3へ問題5へ