問題34 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題34 不動産の価格の特徴

道路法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 道路法における道路の種類は、一級国道、二級国道、都道府県道、市町村道の4種類である。
(2) 道路管理者は、道路に関する非常災害のためやむを得ない必要がある場合においては、災害の現場において、必要な土地を一時使用し、又は土石、竹木その他の物件を使用し、収用し、若しくは処分することができる。
(3) 道路管理者は、その管理する道路の台帳を調製し、保管しなければならないが、それを閲覧に供することについての法律上の義務はない。
(4) 道路の供用の廃止又は道路の区域の変更があった場合においては、当該道路を構成していた不用となった敷地、支壁などを直ちに道路以外の用途に使用することができる。
(5) 道路を新設し、又は改築したことに因り、当該道路に面する土地について、通路等の新築、増築、修繕、移転等の工事をするやむを得ない必要があると認められる場合であっても、道路管理者は、これらの工事をすることを必要とする者に対して、当該工事に要する費用を補償する必要はない。

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題33へ問題35へ