問題11 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題11 不動産の価格の特徴

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 開発許可を受けた者が工事の着手予定年月日の変更のような軽微な変更をしたときは、その旨を都道府県知事に届け出なくてもよい。
(2) 開発許可を受けた者が開発行為に関する工事を廃止しようとするときは、都道府県知事の承認を得なければならない。
(3) 開発許可を受けた者から開発行為に関する工事を施行する権原を取得した者は、都道府県知事に届け出ることによって、開発許可に基づく地位を承継することができる。
(4) 市街化調整区域のうち開発許可を受けた開発区域以外の区域においては、都道府県知事の許可を受けなければ仮設建築物を新築することができない。
(5) 都道府県知事は、開発許可に付した条件に違反している者に対して、開発許可を取り消すことができる。

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題10へ問題12へ