問題9 不動産の価格の特徴

2006年>>

問題9 不動産の価格の特徴

都市計画法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

(1) 墓園の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更は、開発面積を問わず開発許可が不要である。
(2) 開発行為をしようとする者は、開発許可を受けた後、開発行為に関係がある公共施設の管理者と協議し、その同意を得なければならない
(3) 市街化区域において、都道府県知事が開発許可をする場合、開発区域の土地について、建築物の建ぺい率に関する制限を定めることができる。
(4) 都道府県知事は、開発行為に関する工事の検査済証を交付したときは、遅滞なく、当該工事が完了した旨を公告しなければならない。
(5) 開発審査会は、開発許可等の処分についての審査請求を受理した場合においては、審査請求を受理した日から3月以内に、裁決をしなければならない。

解答をクリック!12345
この問題の解説へ問題8へ問題10へ